確定申告サポートします!

こんばんは、税理士の折戸です。

もうすぐ年末、利亜が明けると確定申告の時期ですね。
今年は確定申告が必要だけど、自分でできるか不安だなとお考えの方を全力でサポートします。
税理士業界では年始が繁忙期なので、早めに依頼しないと断られるケースもあるのでご注意ください。


確定申告とひとくちで言っても、準備に要する手間や複雑性は様々ですので、
料金もご依頼いただく内容によって変わってきます。
専門家に依頼したいけど、料金がどのくらいになるか分からん、という人のために目安となる料金表を出しておきます。

基本料金

確定申告の代行をするため、内容にかかわらず基本料金として下記の金額をいただきます。

項目 金額
基本料金 10,000円

 

事業所得がある場合

個人事業主としての事業所得がある場合、売上高に応じて料金を加算いたします。

年間売上高 加算料金
1,000万円以下 80,000円~
3,000万円以下 120,000円~
5,000万円以下 180,000円~

 

不動産所得がある場合

アパート経営など、不動産所得がある場合も個人事業主同様に、売上高に応じて料金を加算いたします。

年間売上高 加算料金
1,000万円以下 100,000円~
3,000万円以下 150,000円~
5,000万円以下 200,000円~

 

その他の項目

他にも様々な申告内容が考えられますが、以下のような料金で、どんなご依頼にも対応いたします。

項目 加算料金
給与所得があり、源泉徴収票がある場合
(2か所給与、退職者等)
1,000円×源泉徴収票の枚数
年金収入がある場合 1,000円×源泉徴収票の枚数
満期保険金の収入がある場合 1,000円×通知書の枚数
雑所得(FXによる所得)がある場合 年間取引報告書がある場合・・・口座数×5,000円
損失繰り越しを行う場合・・・5,000円加算
雑所得(年金以外)がある場合 報酬、料金の支払調書がある場合…1,000円×支払調書の枚数
(副業による収入、例えばアフィリエイト収入がある方が該当します。) ※経費集計が必要な場合、別途集計料金が必要となります。
支払調書がない雑所得がある場合
※アフィリエイト収入年間収入、オークション収入による利益など
年間収入が100万円以下の場合 … 30,000円
年間収入が300万円以下の場合 … 50,000円
年間収入が500万円以下の場合 … 80,000円
年間収入が1,000万円以下の場合…120,000円
年間収入が2,000万円以下の場合…150,000円
年間収入が3,000万円以下の場合…180,000円
年間収入が3,000万円超の場合 …別途お見積り
※記帳代行料金を含んでいますので、領収証を丸投げすることができます。
雑所得(太陽光売電収入による所得)がある場合 10,000円×設置数
配当所得 配当金計算書または支払調書1枚ごとに2,000円
退職所得 5,000円×件数
総合譲渡所得 10,000円×件数
株式等の譲渡がある場合 特定口座のみ   ・・・ 口座数×5,000円
損益通算、損失繰り越しを行う場合…5,000円加算
一般口座がある場合・・・ 売却回数×5,000円
土地や建物の売却がある場合 譲渡価額1,000万円以下の場合・・・50,000円
譲渡価額3,000万円以下の場合・・・100,000円
譲渡価額5,000万円以下の場合・・・150,000円
譲渡価額8,000万円以下の場合・・・200,000円
譲渡価額1億円以下の場合・・・・・250,000円
3000万円控除適用の場合・・・・・30,000円加算
譲渡損失の損益通算・・・・・・・30,000円加算
譲渡損失繰越の場合 ・・・・・・30,000円加算
買換特例適用の場合・・・・・・・50,000円加算
複雑な案件の場合、上記に10%~200%加算

 

前の記事

看板犬サクラ